よくある質問:留学生保険について

【注意事項】上記説明は概略参考資料です。すべての補償内容の詳細は、英文保険約款に基づきます。また補償内容、詳細内容に関して予告なく変更されることがありますのでご了承ください。

ビジター・留学生保険の加入期間・再加入について・注意!

首記保険について2つ以上の保険に継続して加入いる場合、補償の対象となるのはその保険期間中に初めて発症した疾病・傷害のみとなります。異なる保険加入期間に発生した症状に関連する治療費は補償の対象外となります。保険が切り替わる間際に入院・手術が決定した場合も同様です。 ケガや病気の治療は基本的に保険加入期間を超えて補償しません。例えば3月15日が補償終了日の時、3月14日にケガをしたり病気になった場合、3月16日に受けたその治療費用は補償されません。この場合、発生した治療費用が補償されるのは3月15日までです。前もって3月16日からの保険に加入していても、14日に発生した治療費用は補償されません。 継続して再加入あるいは更新を希望していても、過去に保険金請求があった場合、現在加入中の保険で保険金の請求があり請求手続きが完了して無い場合、あるいはケガ、病気の治療中の場合は、保険の再加入・更新は非常に難しくなり、加入出来ないこともよくあります。 以上のリスクがありますので、滞在期間が分かっているのであればそれに合わせて保険加入期間を決めることをお勧めします。細切れの期間で保険加入することにより治療費が補償されないことがありますのでご注意ください。

カナダの留学生保険

カナダに滞在する国際留学生のための保険です。カナダの学校、つまり州政府認定教育機関に登録している期間中ご加入いただけます。保険加入後、新たに発生した傷害、疾病の治療にかかる費用を補償します。この場合の州政府認定教育機関とは正式な単位や卒業証書を発行する教育機関を意味します。単位はすべてカナダドルです。 =主な補償内容は、不測の傷害、疾病に対し、医師の診察、治療費(入院、外来)、初回治療後の通院 ($3,000まで)、処方箋薬料(最高$10、000あるいは1ヶ月分)、事故に起因する歯の損傷治療費($4,000まで)、親知らずの抜歯費用($150まで)、救急車利用費、(緊急家族呼び寄せ費用(医師が必要と認める場合、最高$5,000まで)、傷害・疾病による緊急帰国費用(最高$5,000まで)、事故死亡傷害補償($10,000まで)などです。これらの費用の合計最高補償金額は、 $2,000,000です。 =特約補償(オプション:事故死亡・後遺障害補償): 飛行機あるいは公共運送業者の事故により、乗客と して事故傷害死亡・後遺障害(肢体喪失・失明など)を被った場合の補償額は、最高$100,000です。その他の事故傷害死亡・後遺障害補償額は、$25,000です。 =カナダに滞在し加入期間の半分未満であれば、自分の出身地以外(例えばアメリカ、中南米、ヨーロッパなど)を旅行している間も補償されます。(学校在籍期間中のみ) 注1.  加入期間は学校に在籍登録していること。その後は60日間まで加入も可能です。 注2.  州の健康保険に加入していないこと。加入した場合、州の健康保険で補償しない部分を補償します。 注3.  健康診断や虫歯などの歯科治療は対象外になります。 注4.  ご加入日から90日にさかのぼり既往症があった場合、これを補償の対象外とします。 (保険延長時は、延長前の保険期間に既に生じた症状は対象外となります。  したがって、保険加入期間を短く区切って加入することはお勧めしません。) * 詳細事項についてはご加入後、契約説明書をお読み下さい。* 保険料は、以下のとおりです。一日単位で加入でき、オンライン最低加入期間は30日間、最高365日間です。 1日あたりの保険料 特約補償 (事故死亡・四肢切断) 69歳以下 $1.88 $22 緊急時ですが、入院や手術が必要な場合は、直ちに保険会社のエマージェンシー・アシスタンスに必ず病院到着後24時間以内にお電話をしてください。お電話はご本人様でなくても構いませんので、ご自分でできない場合は付き添いの方または病院の方に連絡していただいてください。外来時は、一旦窓口でお支払いいただき、後日払い戻しの形になります。保険請求の手続きには領収書が必要になります。   カナダ各地にダイレクトビリングのクリニックがあります。補償対象のケガ、病気の場合、診察料はクリニックで保険会社に代わりに請求してもらうことも可能です。 =ご加入方法:お申込みの際に、在籍されている学校の名前と連絡先の情報が必要となります。クレジットカードのお支払いであればオンライン またはお電話にてお申し込みいただけます。その他ご不明な点がございましたら、E-mail info@biis.ca かお電話1–888-298-6526 までお問い合わせください。 * この日本語説明は概略参考資料であり、すべての補償内容の詳細は英文保険約款に基づきます。(2020年10月改定)ブリッジス・インターナショナル保険サービス

カナダビジター保険(妊娠のケース)

今回は妊娠した場合についてお話しします。 弊社取り扱いで妊娠を対象としているビジター保険は下記になります。 TICビジター保険  補償対象外  × TUプラチナ保険  補償対象    〇 留学生保険     補償対象    〇 プラチナ保険: 妊娠、出産にかかる費用 妊娠に起因するトラブル(例 腰痛等) 最高補償額$3000 (ご注意) 保険開始日以降に妊娠された場合に限ります。 (保険始期日以前に妊娠された場合は補償の対象外) 出産予定日からさかのぼって9週間のみの補償です。 妊娠検査、お薬等は含まれません 延長後は補償対象外となります。 留学生保険: 妊娠、出産、流産にかかる費用 妊娠に起因するトラブル(例 腰痛等) 最高補償額$25,000 (ご注意) 保険開始日以降に妊娠された場合に限ります。 (保険始期日以前に妊娠された場合は補償の対象外) 妊娠検査、お薬等は含まれません 延長後は補償対象外となります。 ブリッジス・インターナショナル保険サービス

留学生保険補償の実例

こんにちは。 今回はカナダの留学生保険の補償について実例をご紹介いたします。 普段は保険の必要性をあまり感じないかもしれません。それは嬉しいこと でもあります。一番は健康で日常生活を送れることだと思います。 私も社会人になるまでは、保険のことはまったく気にしませんでした。 実際の例を知っていただくことで、保険が身近だということを感じて いただけるかもしれません。いくつかの過去の事例をあげてみます ので参考までにご参照下さい。 1.ノースバンクーバーにお住まいの25歳のD子さん。 ダウンタウンのクッキングスクールに通っている学生さんです。実習中にナイフで 左手の中指をきって緊急で病院へ。病院へいったところ、 初回$200、抜糸に$100かかりました。弊社の留学生保険 で全額補償。保険金の請求の際、弊社の日本人スタッフ が書類等の手続きをサポートし、安心しましたとの感想をいただき ました。 2.キツラノで三ヶ月間語学研修でホームステイをした22歳のE君。 カナダに来る前に、弊社の留学生保険をオンラインで ご購入していただきました。 カナダにきて10日目のある夜、突然嘔吐と胃腸に激痛が。 カナディアンのホストファミリーが救急病院に連れていってくれました。 真夜中でしたが、24時間のクレームデスクのおかげで夜間割増の 診察代$300も補償。ホットしたとのこと。 3.カナダに滞在して5ヶ月の31歳のF子さん。 去年のバンクーバーは非常に寒く、風邪をひいてしまって、 近くのウォークイン・クリニックへ。診察料$100と 薬代$50がかかりました。 日本の処方箋の薬よりも高く、びっくりしたとのこと。 もちろん弊社の留学生用の保険で全額カバーいたしました。 次の月にはウィスラーへスノーボードの計画をしていたため、 突然の出費をせずにすみ、また 風邪も治って、助かったという感想をいただきました。 他にもいろいろな事例がありますが、今日はその一部を紹介させていただきました。 なにかご質問等あれば、お気軽にお問い合わせを。 ブリッジス・インターナショナル保険サービス

カナダの留学生保険

こんにちは。 今回はカナダの留学生保険についてにお話しします。 カナダの留学生保険はカナダに滞在する外国人留学生のための医療保険です。 ワーキングホリデーの方でも学校に通っている間はこの保険に加入できます。 補償額は$2,000,000(日本円で約2億円)という安心補償です。 保険料もとても良心的で一ヶ月$45(日本円で約4,500円)程度。 キャッシュレス・クリニック(現金不要の提携クリニック・病院)がカナダ各地に あります。 主な補償内容は次のとおりになっています。 急性で突然発生した不測の緊急治療に対して、 医師の診察、治療費(入院、通院) 緊急治療後の通院($3,000まで) フィジオセラピー・カイロプラクティック (医師の指示により急性で緊急を要する傷害が対象・ 最高$500まで) 傷害・疾病による緊急帰国費用(最高$5,000まで)など 保険料の計算は一日単位なので無駄がないです。 特約補償(オプション) 飛行機あるいは公共運送業者の事故による事故傷害死亡・肢体喪失・失明 の補償額は、最高$100,000。その他の事故傷害死亡補償額は、 最高$25,000。 カナダに留学する方には医療に関してはお勧めの保険だと思います。賠償責任、携行品の補償は含まれていませんので、こういった補償の必要な方は日本から保険にご加入することをお勧めします。 ブリッジス・インターナショナル保険サービス