2016年 ワーキングホリデーカナダ入国の際、保険について

2016年のワーホリ保険、カナダ政府からのお知らせが変更となってます。

 ワーキングホリデー入国の際、保険について

 
入国審査官はパスポート、Letter of Introduction,帰国の航空券かその費用の証明を確認します。
他にも滞在費の証明、保険加入の証明を求める場合があります。
 

 

滞在期間中にわたり傷害疾病をカバーする健康保険に加入すること(カナダに入国する際、健康保険の加入証明を提示するよう、求められる場合があります)が必要になります。保険に加入していない場合は入国が拒否される可能性もあります。この健康保険は医療、入院、遺体の本国送還費用が含まれている必要があります。
保険有効期限が一年未満の場合、ワーキングホリデー労働許可書の有効期限は保険加入期限と同じになることもあります。その場合、後日労働許可書の延長をすることはできません。
また、州の健康保険は遺体の本国送還が含まれてませんので、ワーキングホリデーの保険条件を満たしません。
 

ワーキングホリデー用の保険、条件が厳しくなっています。ご相談はカナダ日系正規保険代理店の弊社まで。

ブリッジス・インターナショナル保険サービス